ゲーム(主に格ゲー)について触れているブログです。ページが上手く表示されない場合は更新(F5)をお願いします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そーなのかー 『ピンからキリまで』って何?
2006年09月27日 (水) | 編集 |
今日、学校の昼休みにMAKOと話をしてて
『ピンからキリまで』ってどっちが良くてどっちが悪いの?むしろ『ピン』『キリ』って何さ?
という話になり、携帯で変換したところ
『ピン』は『品』
『キリ』は『桐』
って出てきたので、桐の方が良さげやない?ということになった。

んで、家に帰って広辞苑で調べてみたところ、

『ピン』も『キリ』も両方語源はポルトガル語らしい。

『ピン』=pinta、点の意。カルタ・采(さい)の目などの一の数。はじめ。第一。

『キリ』=クルス、cruzの訛。要はクロス=十。十字架の意から転じて、十の意。



もう少し調べてみると、

時代はさかのぼり、室町時代にポルトガルから『天正カルタ』と言う物が伝わり(見た目花札っぽい)、1~12ある内の

1=ピン
12=キリ

と言っていたそうです。
このゲーム上、1の札(ピン)は1点しか入らない最低の札らしく、この事から推測するに当時の意味で捉えると

『ピンからキリまで』=『最低から最高まで』

と言うことになるみたいです。



…が!

室町時代には『ピンからキリまで』という慣用句はなかったらしく、当時は使われていなかったようです。

んじゃ何時慣用句として成立したかというと、しばらく経った江戸時代から使われるようになったみたいです。

しかし、室町時代には

『ピン』=最初の札→1点の札→最低の札→最低
『キリ』=最後の札→最高の札→最高


だったのが、慣用句として成立した江戸時代には

『ピン』=最初→1番→最高
『キリ』=最後→最低


というように逆の意味を持つように変化してしまいました。

つまり平成の今の世で使われる『ピンからキリまで』は
『最高の物から最低の物』『いい物からそうでない物』という意味で使われています。


そーなのかー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
へぇー
そーなのかぁー(゚д゚)

ピンはヘアピンみたいな棒で、キリは穴をあけるキリかなと思ったんで「役にたたなさそうなものから、役にたつもの」なのかなーなんて勝手に考えてました。
あ、ヘアピンが役に立たないわけじゃないんですが(^∀^;)
ひとつ賢くなれました(>ω<)
2006/09/27(Wed) 22:44 | URL  | ぽんぬ #-[ 編集]
ピン芸人の『ピン』も、そこからきてるみたい。
って言ってもこの場合はただ『一人』って意味だけどね。

あ、そういえば香椎の狭いゲーセン(ブルータス)は潰れたっぽいよ。
2006/09/28(Thu) 08:14 | URL  | DIZCO #-[ 編集]
あぁ、潰れましたよねー。今月下旬だったと思いますけど、なんか切ないですねぇ( ̄ω ̄)y-~~
2006/09/29(Fri) 23:28 | URL  | ぽんぬ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。